エスファハーンのエマームモスクで、一期生の仲間たちと記念撮影する

芦田貴嗣さん

シルクロード絨毯塾体験談

シルクロード絨毯塾一期生​

芦田貴嗣

得たものは自分自身

絨毯塾に入ってよかった。最初にそう感じたのは初めて自分で仕入れをしたカシャーンの絨毯が売れた時でした。私は岡山県にあるさしこうという小さな家具店に勤めています。以前の私は自発性がなく、常に何となく仕事をしているというとても失礼な店員でした。

そんな私がわずか二ヵ月の間にイランへ行き、自分で仕入れをしたペルシャ絨毯を売るなど全く考えもしてない事でした。

絨毯塾で得られるものは、知識、経験そして仲間だと自分では思っています。そしてそれは大きな意味では自信になります。商品、接客に対する自信が無ければ高額商品は売れません。

自分の仕事にプライドを持ち自身を持って商品を提案する。当たり前のことのようですが、過去の自分には出来ていなかったことです。それを教えていただいたシルクロード絨毯塾に心より感謝しています。

 

シルクロード絨毯塾体験談

シルクロード絨毯塾二期生​

加納雅裕

かけがいのない仲間

とあるきっかけから(株)絨毯ギャラリー大熊克己会長と知り合い、ギャッベをお取り扱いさせていただき、そこからギャッベ以外の絨毯の知識、どういった経緯で絨毯という物がこの世に生まれたかを学びたいと思い入塾を決意しました。シルクロード絨毯塾に入塾して、今まで自分の知らなかった絨毯の製作方法、歴史を先生方から学び、そしてイランへの研修へも参加して、現地の織り子さんの織り、染色を実際に見学、体験させていただき、今現在でも学んだ内容、経験は私自身にとって凄く貴重な体験であり、自信にもなっています。そして絨毯について学ぶことだけを考えて絨毯塾に参加した私ですが、もう1つこの入塾で得た物がありました。それは「仲間」でした。全国から集まった同じ志の方、そして同業者の方、それはもしかしたらライバルになる人達と思っていましたが、皆と話をし、打ち解けていく事で、ライバルではなく、かけがえのない仲間になりました。
もし、入塾を検討されてる方がいましたら、是非、入塾して頂けたらと思います。私自身、本当に貴重な経験、体験をさせていただき、このシルクロード絨毯塾に入塾して本当に良かったと思っています。

 

シルクロード絨毯塾体験談

シルクロード絨毯塾二期生​

​為我井 翔

​学んだことが活きる

弊社では初めて私が参加させて頂きました。絨毯塾では、絨毯に関する基礎知識を事細かに教えて頂きました。日本を代表する、専門的な講師の方々から学んだ事により、大変大きな自信が生まれました。

絨毯の知識だけではなく、お店でのイベントの開催方法や、宣伝の仕方・販促方法を全国の販売店の方々とともに学び、情報を共有することで以前に比べより大きな結果が生まれております。

弊社は絨毯の他、家具、カーテンを扱うショップですが、全てのカテゴリーにおいて絨毯塾で学んだ事が活かされております。

入塾を検討されている皆様、是非絨毯塾で学び、今後のインテリア業界を共に盛り上げて行きましょう!!